« 石川直宏の無念 | Main | ダービーに向けて(2) »

August 24, 2004

ダービーに向けて

今朝のテレビで、オリンピック柔道チームが凱旋帰国というニュースをやっていました。
あれだけメダリストが一気に揃うと、一体誰にインタビューすればよいやら迷っちゃうんじゃないかと。
ニュース画面では、谷亮子と野村あたりが映っていましたが、まあ無難なセンでしょうな。

当然の事ながら、メダルを取れなかった選手はそこにはいなかった・・・
井上康生選手は、同じ便で帰ってきたんですかね。
他のメダルを取れなかった人(2~3人ですよね)と裏口からひっそり帰ったのでしょうか。
不憫だ、と思うと共に選手自身も誰にもなにも聞かれたくないでしょうしね。

で、井上選手の敗因としてあげられたのが「オーバートレーニング症候群」。
これって、2年前のワールドカップの頃、サッカー選手も言われてましたよね。
セレッソの森島と清水の市川でしたっけ。

で、この辺から強引に東京ネタに持って行きますが、
森島といえば、先々週の第1節で4点目の決勝ゴールをたたき込んでうちが沈没しましたよね。
市川も、先週の東京のホームゲームで左サイドを何度も突破していい働きしていました。

対面に入った東京の右サイドバック前田も、攻撃ではいいクロス上げていて、
前半にはルーカスのあわやというポスト直撃のシュートをアシストしたし、
後半にはアーリークロスで阿部ちゃんのゴールをアシストして、いい働きでした。

残念ながら、先にも書いたように市川とのマッチアップでは何度も破られて
危ないシーンがいくつもありましたが、元々センターバックの選手だし
十分使えるのではないかな、と。

しかしこれでますます右サイドバック争いが過酷になってきましたね。
加地・徳永の各年代代表争いに前田が参入。楽しみです。

先週のホームゲームは土曜日6時半からで、結婚式から急いで家に戻って
大急ぎでスタジアムに行ったんですが、うちわをもらい損ね、
SOCIO限定CD-ROMの申込も忘れ、ほろ酔いでフワフワ見ているうちに
気がついたら負けていました。

「こんなんじゃ優勝どころじゃないじゃん」と思ってかなり凹んでいましたが、
選手達が挨拶をしにゴール裏方面に向かうとサポーターから
「♪ベルディだけに~は~ 負けられな~い~ おれらの力~ 見せてやろうぜ」
と始まったのを聞き、なんて切り替え早いんだろう、
と思いながらも何となく気持ちが晴れたような気がしました。

そりゃね、2連敗なんだからガッカリ感は一杯だけど、下向いていてもしょうがない。
次行きましょう、次、今日の試合を反省するのは選手と監督の仕事、
僕らは選手を勇気づけて最高のパフォーマンスをさせるのが仕事、
というサポーターの気持ちが伝わってきました。

来週は国立とはいえアウェーだしゴール裏(付近)に行ってみようかな。
向こうの少なさを際だたせるためにも、声出しに参加してこようかな。

|

« 石川直宏の無念 | Main | ダービーに向けて(2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49808/1267762

Listed below are links to weblogs that reference ダービーに向けて:

« 石川直宏の無念 | Main | ダービーに向けて(2) »