« August 2004 | Main | October 2004 »

September 30, 2004

改めて、自己紹介

ずっとアクセス数が減らないのはすべてこちらのおかげです。
何日かぶりに覗いてみたら、賛同サイトリンク先が100を超えていました。
そんな中、我がサイトは真ん中の段の結構いい位置に置いていただいて、
まことにありがたいことです。

改めてご挨拶などをさせていただきます。

「FC東京大作戦!」からいらっしゃったあなた、ご訪問ありがとうございます。
BOWわたなべと申します。
このblogを開設してからはまだ1ヶ月ほどですが、
1999年J2の開幕戦からFC東京を本格的に応援し始めました。

サッカーは素人ですので戦術的なことはよく分かりませんが、
現場で真剣に(?)サッカー見て6年目になると
少しは自分なりの見方というのができてきました。

その辺を好き勝手に言わせてもらったり、
たまには西が丘に2千人切る客しかいなかった頃の話をしたり
(自分が)楽しくやっております。
どうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2004

加地を守れ

日曜の鹿島戦は何ともスッキリしない負けでしたね。
そして終了間際の加地のケガがどうなったのか、
私の席から一番近い場所でやっちゃいましたから。
かなりやばそうでした。小笠原嫌い度、ますます上がりましたね。
そろそろ福西より上に行きそうな気配です。

で、今日オフィシャルに検査結果が出ました。
全治2週間なら一安心です。不幸中の幸いということで、よかった。

と思ったら、その上の記事。これってどういうことよ???
全治2週間なんだから、向こう行っても別メニューで、直ったところで試合でしょ?
ぶっつけで加地を使おうっていうのかい?
ホームならまだしも、オマーンまでけが人連れて行こうってのはどういう了見なんだい?

もうやめて欲しいんだよね。
土肥ちゃん連れて行ったってちっとも使いやしないから
毎回コンディション悪くして帰ってくるし。
今度はケガしている加地を強行招集しようっていうんですかい。
加地もコンディション悪くしそうだよなあ。

ダイジェストの茂庭の記事立ち読みしました。
キャラを出すようなまとめ方で、とても好感持ちました。
立ち読みしながらニヤついてきちゃいそうでしたが、
他の人はどうなんでしょうかね。「なんだあいつ」とか思うんですかね。

次は2日の名古屋戦ですが、遠方アウェーは行けませんので、
私の次はこちらです。





チケットはまだまだ残っていましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2004

ナビスコのチケット/今日も勝て!

クラブからナビスコ準決勝のチケットが届いた。
自由席はスタジアムでもらえるのだが、指定席はこうして送ってくる。
昨年までは、年間チケットに一緒につづられてあったのだが、今年は別にしてある。
一緒につづると使わずに終わってしまう(=途中敗退)ことばかりだったので、
ゲンを担いだのだろうか。だとしたら今年は大成功だ。

ホームゲームのチケットはいつもは黒・赤・青・の3色刷なのだが、
準決勝ともなると気合いが入っているのか、フルカラーである。
さらに、対戦カードはいつもはチケット台紙に黒字でプリントしてあるのだが、
今回分は試合日時と対戦カードもフルカラーで印刷されてある。
つまり、このチケットのためにわざわざ版を起こしているのだ。

それだけ気合いが入っていると見るべきか、
それとも単に台紙がなくなっただけのことか(笑)

チケットの他に、「ナビスコカップ決勝戦チケット優先販売について」
という案内も同封されていた。
SS・SAのSOCIOには決勝戦のSA席を優先販売してくれるとのこと。

決勝進出の場合、相手は名古屋か浦和になる。
浦和が来た場合はチケット争奪戦になるので覚悟はしていたが、
これでチケット確保はできそうで、安心した。本当にありがたいことだ。

だが、それも準決勝でベルディに勝ってからのこと
1999年準決勝に進出して以来の準決勝の舞台。
11月3日は今年は空けてある。チケットも確保できた。
舞台は整っている。あとは俺の東京が勝ってくれるだけだ。

と、その前にまずは今日の鹿島戦。
せっかく23日に浦和に勝ったのをフイにしないためにも
調子の落ちている様子の鹿島をしっかり叩いておいて欲しい。
何しろ今日は過去負けなしのブラジルデイだ。勝つしかないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2004

10月9日は東京ダービー

さっき久々の更新をしてから何気なくアクセス解析を見たら、
無更新にもかかわらず結構な数のアクセスが来ていた。
おかしいな、と思ってアクセス解析を見てみると、そのほとんどがこちらから来ていた。






飛んでみると、賛同リンクの中にこのページの名前が。
どこで見ていただいたのか。ビックリしました。
こちらはリンク貼っただけで挨拶もしていなかったのに。
慌ててメール送っておきました。(かなり小心者)

というわけで、これからはまじめに更新し、
10月9日の準決勝を全面的に押していきます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

FC東京勝つ!

柏の葉ではいいことありませんでした。
柏のオフィシャルホームページで、アウェーチケットの売れ行きが今ひとつだとあったので
余裕で1時間前についたら座る場所がどこにもないほど人でびっしりだったり
(これがアウェーの洗礼か?)
駐車場からスタジアムまで徒歩20分とあったのが、不動産屋のいう20分だったらしく
太陽が照って30度を超える真夏日の日差しの中たっぷり30分近く歩かされたり
(これもアウェーの洗礼か?)

帰り着いて食事をしたら倒れるように爆睡してました。

試合?柏は頑張っていました。
我がFC東京は相手にすっかり合わせてしまったようで、今ひとつでしたね。

東京が点を取る直前、柏のDFが簡単なクリアボールをタッチに出してしまう、
気の抜けたような軽いプレーがいくつかありました。
その直後、宮沢-戸田と渡ってドンピシャのヘディングが決まりました。
正直その時、「これで今日はもらった」とホッとしました。
大多数の東京サポーターも同じだったと思います。

途中まで頑張っても、みんなが疲れてきたとき、ここが頑張りどころというときに
頑張れないために点を失って負けていく、柏は典型的な負けパターンにはまったな、
そう思いました。

ところが今度は東京が全体的に気を緩めた(緩めたというのは大げさかもしれませんが)ため、
最後の最後で紙一重で羽地に走り抜けられて決められてしまった。

サッカーというのは心理戦だなあ、と湯浅健二さんではありませんがしみじみ思いました。


さて、昨日のホーム浦和戦ですが、久々に充実のいい試合を見せてくれました。
これだから「東京はやめられない」と言える試合。
味スタ観戦2試合目の友人もいい感触でファンに取り込めそうな感じがしています(笑)

早く行こうと思っていましたが、用事が済まずに試合直前に到着。
試合自体は、派手な点の取り合いではありませんでしたが、
お互いがきっちり集中力を切らさない好ゲームでした。

ルーカスのヘディングゴールが決まった瞬間は、頭に血が上り、
久々に酸欠状態になるくらい興奮しました。

そのシュートが決まったのは憂太のコーナーキックからだったんですが、
その時憂太は珍しくストレートボールだったんですよね。
いつもほとんど巻くボールを蹴るのに、何かあったんでしょうか。

どこかで誰かが書いていましたが、14番がコーナーキックでストレートボールを蹴る姿、
私も懐かしいような気がしました。

試合後、西調布の養老乃瀧で友人らと飲んだんですが、
赤い人たちも来ていました。まあ、負けたので静かにしていたみたいですが。

試合前、飛田給で赤い人たちは傍若無人に暴れていたみたいですね。
爆竹をならしたり、通りがかりの人に因縁をつけてみたりと、
話だけ聞くとダウンタウンのスラムみたいな状況だったようですが・・
駅前のフラッグが破られたようですが、それほど大きなトラブルにはならなかったようで
何よりでした。

鹿島国にいったら鹿島の応援団がアウェー席に殴り込んできても
ある程度はあきらめるしかありません。警備員の対応に期待できませんので。
ですが飛田給の駅前でやられてしまうのはちょっと・・許せません。

彼らは浦和の駅前でも同じことやるんでしょうかね。
浦和美園だったらやるか。家が一軒もないから誰にも迷惑かけないし。

とにかく、強豪対決五番勝負の第一戦、対浦和戦はまず突破しました。
次は日曜日の鹿島戦。ブラジルデーでは負けなしですが、引き分けではダメです。
何とか勝ってもらって、次の名古屋戦、
そしてナビスコ準決勝と調子を維持していって欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2004

観客動員

まったく、何人ケガしたら気が済むのだろうか。
と思った前節神戸戦でした。

それでもここにきてようやく復帰の声がちらほらと聞こえてきて、
鈴木規郎と戸田が今週末には間に合いそうな感じ。
梶山とナオは今月末になるだろうし、浅利・ルーカス・徳永も待ち遠しい。
これだけのメンバーを欠いていても何とか勝っていくわが東京。
層が厚くなったものだ、と今日も感じ入っております。


今朝買ったTVブロス、テレビ雑誌なのにコラムや特集記事のごった煮で、
テレビ番組表が比較的サブに追いやられている雑誌なのはご承知の通りですが、
私がいつも最初に読む記事がサポティスタの岡田康宏さんの「サッカー馬鹿につける薬」。
今回は調布の不動前商店会でおきたちょっとした騒動のお話しから、
FC東京とベルディの対比をしていました。

大体の内容はリアルタイムで見ていたことなのでそれほど目新しいことはなかったんですが、
今年の開幕からここまでのお互いのホームゲーム、1試合あたりの観客動員数は、
東京の方が平均で約1万人多いとのことでした。

ナビスコも含めて3試合あった東京ダービーの様子を見ていれば、
どちらの応援者が多いかは一目瞭然ですが、
たった1万人しか差がついていなかったというのは少々残念でした。

まあ、今から5年前、2部リーグではありましたが一番多い試合で7千人台、
少ないと1,300人くらいしか集まらないこともあったこともありました。
それが今では江戸川や西が丘はおろか、
対戦相手の人気によってはキャパ2万人の駒沢でもちょっと厳しいかな、という成長ぶりです。

観客動員についてFC東京フロントの目標は、
「SOCIO(=年間チケット保持者)だけでスタジアムを一杯にする」ことです。
そのために村林専務はじめチームスタッフの方々は、毎朝駅頭でビラ配りをしているのです。

私がこうしてblogに駄文を書き散らしているのも、
趣味で書いているのはもちろんですが、
ネットに公開することで少しでも多くの人にFC東京のことを知っていただければ、
という気持ちもかなり入っています。

自分が買える限りで最高額の年間チケットを購入し、
ビッグフレームスという個人の賛助会員に当初から継続して入会している。
という以上に何か貢献できればなあ、という思いでこれを書いています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2004

神戸戦

11日(土曜日)、ヴィッセル神戸戦。
前半、PKによる2点を奪取。
1点目は柏原主審の異次元ジャッジで頂いた感が強かったが、
2点目、退場になった北本選手には申し訳ないが、一枚目のイエローで気づいていたでしょ?
ペナルティエリアの中で滑ったら・・・あれやっちゃったら取るに決まってるでしょ。

あのまま2-1で終わっていたら単なる柏原ショーで勝ちをもらっただけだったのが、
ヨシローの3点目のおかげで満足して家路につくことができました。
ヒロミピョンピョンも久々に見られましたし(笑)。

試合後、出場のなかったキング・カズがピッチサイドで何本も何本も
ひたすらダッシュを繰り返していました。
両チームのサポーターから熱いコールを受けていました。

次節柏の葉、急な用事が無い限りは行くことにしました。
徒歩20分のところに有料(!)駐車場があるようなので、
車で行ってみます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2004

合併騒動

一連のプロ野球の合併とストライキの騒ぎを見ていて、しっくり来ない感覚があったのだが、楽天日記の方のコメントにレスを書いていてその感覚が何か気づいた。

球団側にも選手側にも、「自分たちは日本の文化、野球という文化の中心的な担い手である」という視点が全く欠けているのだ。

自分たちの正当性を法律的・論理的な見地から主張することばかりが目について、
自分たちが誰に生かされているのかとか、他者に対する感謝の気持ちとか、
そういった考えは全くどこにも見受けられない。

野球は、今では他のスポーツに押されているような印象を受けるが、
昔から日本で一番人気があり、プレーもされているスポーツだ。
今でもそれは変わらない。

日本中、どこに行ってもサッカー場や陸上競技場はなくても、野球のグラウンドはある。
地方自治体の持ち物だったり、企業の持ち物だったり、所有はいろいろでも
野球場の数が一番多いのはおわかりいただけると思う。

ここまで野球が発展を遂げた理由については、
何人もの本職の書き手の方による本が出ているのでここでは論じない。

ただ、過去から今までの野球に携わった人々の途方もないエネルギーが費やされたことで現在の、プロ野球を頂点をする野球文化が成り立っていることに異論を挟む者はないだろう。

今プロ野球の担い手になっている球団幹部・選手達は、
過去から今までの野球界の歴史を知っているのだろうか。
その歴史に生きた人々が、どういう思いでその発展に力を尽くしてきたか、
その思いを自分思いに重ね合わせたことがあるのか。

好き放題に、専横に振る舞うことが、過去の遺産をただ食いつぶしているだけだということに彼らは気がついているのだろうか。
気がついているか聞いても「そんなことはあいつらに聞いてくれ」と言うだけだろうけど。

過去、我々の先人達が営々と築いてくれた歴史という名の遺産を
その名を汚す行動を行うことで食い潰していく。

今の日本を象徴するような今回の合併・スト騒動である。

日本の歴史は侵略と略奪の歴史である、昔の日本人は悪いことばっかりやっていた、
そういう教育を受けているのだから先人を尊敬しないのは当たり前か。

----------------

歴史の浅いサッカー界にも合併騒動があった。つい6年前のことである。
「横浜フリューゲルス」というチームがあっけなく消えた。
当時の「日産横浜マリノス」に吸収合併されて合併後「横浜F・マリノス」というチームになった。

この時も当時のフロントから一方的な通告があり、それだけだった。
「まずはじめにチーム消滅ありき」だった。

その後もヴァンフォーレ甲府が経営危機に陥ったが、地元の自治体やファン・サポーター層、地元経済界の協力により2年以上かけて何とか持ち直した。

現在サガン鳥栖が再建に向けた取り組みを行っているが、予断を許さない状況である。

ただ、甲府や佐賀を取り巻く人々の間には「何とか存続させたい」という意志が
(全員ではないだろうが)あったし、現在もある。

そこには、サッカー文化を根付かせようというたしかな「意志」が存在している。
歴史を作ろうという気概がある。

フリューゲルスの合併は、企業の論理最優先で進んだ。
当時のフリューゲルスの親会社は、全日空とゼネコンの佐藤工業だった。
合併後会社更生法の適用を受けた佐藤工業には「ざまあみろ」という思いしかないし、
全日空には飛行機を見るたびにフリューゲルスのことを思い出す。
今はイケシャアシャアとマリノスのスポンサーに収まっているのを見ると、思いは複雑である。

翻って我がFC東京であるが、スポンサーは東京ガスを中心に幅広く募集していて、
特定の企業に頼らないようにしている。
東京にサッカー文化を根付かせることを自らの使命としていて、
球団フロントの指向・考え方・行動は首尾一貫している。
そんなチームが身近にあり、力一杯応援できることを
私は本当に嬉しく思い、誇りに思っている。

今は個人の後援会員と年間チケットを継続購入しているだけだが、
近い将来FC東京の株主またはスポンサーになることを真剣に目指している。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

September 06, 2004

租界?治外法権?

日本でサッカー観戦をするときには、ヨーロッパや南米の危険な地域と違い、
身の危険を感じることなく安心して見ていられるのが普通である。

たまにはちょっとした行き違いから、サポーター同士でいざこざを起こしたことがあったが、もうそれは過去のこと。
危険と思われる場合は、サポーター同士が行き来できないように
柵の設置をしたりなど、警備体制もきちんと取られている。

北茨城にあるカシマスタジアムも、アウェーサポーターはスタジアムの一角に押し込められ、厳重に柵が張られて一度入場すると一切他のエリアに行くことができない。

アウェーのエリアは売店の数も少なく、スタジアム名物のもつ煮込みを食べようと思ったら
スタジアム到着後すぐ列につかないと売り切れの憂き目にあうことになる。
それくらいの待遇の差は仕方がない。アウェーなのだから。「洗礼」というほどのことはない。

カシマでのアウェーの洗礼は、ホームチームが負けると起きる。

アウェーでの勝利というのは格別である。
相手のホームで、圧倒的多数の相手サポーターを黙らせる。
試合が終わり、選手がロッカーに戻ったあとも、嬉しさで勝利の凱歌を歌い上げる。
どこのスタジアムでもよく見る光景である。

他のスタジアムとカシマとを分ける一番のポイントは、
カシマのサポーターはアウェー席でもどこでも通行自由らしく、
「いつまでも騒いでんじゃねえ、ムカツク」とばかりに乱入してくる。
先日の市原がその被害にあった。
昨年の横浜も同じく乱入にあっている。

昨年、FC東京のサポーターが刺激的なゲートフラッグを掲示したところ、
たちまちどこからともなくやってきたカシマのサポーターに拉致され、
つるし上げに遭うということもあった。

私の率直な感想を言わせてもらえれば、
「何で?何でアウェー席にインファイト(カシマサポーター団体)が入ってくるの?」
ということに尽きる。
厳重な柵と警備員は何のためにいるのか?
アウェー席の人間は常にインファイトの乱入の危機にさらされていなければいけないのか?
カシマのアウェー席は北朝鮮のフロッグマンにやりたい放題誘拐された日本海の海岸か?

アントラーズ球団は、こうした事態に対して何のコメントも出しておらず、
とういうことは黙認・ないし放置の姿勢でいるわけですな。


今のところ、警察が介入するような傷害事件等には発展していないようだが、
いつどんなことが起きるか分からない。
私自身は当面カシマにいくつもりはない。今年のカシマアウェーは終わっていますし。
ですが、もし優勝がかかる一戦があるようなら、行こうと思っている。覚悟を決めて。

深夜の渋谷センター街をスーツ姿で歩いているような気持ちの覚悟で。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 05, 2004

99年以来のナビスコベスト4

終わってみれば FC東京4-1。快勝だった。あくまでも、終わってみれば、であるが。

前半は胃が痛くなるような展開だった。
パスがつながらない。相手にボールを支配されている時間が長い。
どうも気になったのが、特に前半、相手ボールを奪取した瞬間、ディフェンスラインが休んでいたこと。
ボールを取った瞬間に足が止まるんですよ。あれってどうなんだろう。
その瞬間にちょっと動いてパスコースを作って上げればもっと簡単に前に運べると思うんだけど・・
そうした方が中盤で相手に取られることも少なくなってもっと楽できるんじゃないのかなあ。

まあ、今日は勝ったからいいんです。
素人観戦者が思いついたことを垂れ流しているだけなので、細かい批判は流しておいて。

1点目のPKは「ごっつあんです!」
2点目の阿部ちゃんは「よくそこにいた。うまい」
3点目の梶山は「松代の鼻先で技あり。これで松代の呪縛は完全払拭だ」
4点目のジャーンは「おいおい、相手の集中が切れているからといってオイシすぎ(笑)」

雨の中屋根なしの国立に1万4千人を超える人が集まっていました。
屋根付きの味スタに集まったベルディのファンは6千人。
もっとタダ券蒔いたらどうなんだよ(心配そうな振りをしながらしたり顔で)

次はベルディ戦、味スタで。FC東京のホームゲームになるので、いつもの席で。
今度はA代表組に加えて、ユース代表の梶山と増嶋がアジアユースで不在。
けが人が順当に戻ってくれば何の問題もないですがね。

なんだかんだ言っても快勝の翌朝は目覚めも爽快。
タイトルの「嬉しや東京生活」そのままでございますv(^^)。
さて、東京系のサイト巡りをして余韻に浸ってきます。


追伸:昨日の日記で「コータがキープレイヤーになる」と書きましたが、ほとんど誤りでした(^^;
昔の呪縛にとらわれていたようです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2004

ナビスコカップ準々決勝

抽選負けでベルディに味スタを譲り、
わがFC東京は2週連続となる国立でガンバ大阪と対戦。
大方の情報どおり、ルーカス・石川の名前はスタメンにない。

その代わり、小林成光が久々に姿を現した!!

梶山・ユータ・ケリー・成光がガンバ守備陣をきりきり舞いさせてくれるだろうか。
機を見ての文丈・今野の攻撃参加に前田・金沢の両サイドバックがオーバーラップ。
そんな超攻撃的なサッカーを見せてくれる・・・はず!?

対するガンバも売り出し中の大黒に、高校生の家長、そして何より気になる吉原宏太。
J2札幌にいたころから、ここ一番では痛い目にあってきた印象が強いんだよなあ。
ナビスコのトーナメントは一発勝負。
個人的な今日のキーマンは宏太です。ヤツを抑えられるかどうかが決め手になるかと。

では出撃!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2004

監督もパフォーマンスする

FC東京の選手がゴールしたとき、原監督がベンチから飛び出して
飛び跳ねながらガッツポーズをする、といういわゆる「ヒロミピョンピョン」は
今やすっかり味スタの名物のひとつになった感があります。
中継カメラのうち一台は必ずヒロミをフォローしているし。

原監督はインタビューなどでも独特の世界観で語ってくれますが、
それは次回以降に譲ることにして、
前の監督の大熊さんも独特だった、ということをご紹介します。

大熊清監督は今はユースの監督をしているので知っている人は知っていますが、
試合中、声がでかい。大声でベンチ前に出て指示しまくり、というのが
東京名物でした。

J1に上がってからは客席が遠くなったのであまり聞こえなくなりましたが、
J2の時、特に西が丘はサッカー専用の競技場でしたから、
ホームのベンチ裏に座ると大熊さんの指示が克明に聞こえてきて、
臨場感たっぷりで通称「熊裏」と呼ばれて人気の場所でした。
「サリ(浅利のこと)、サリ、マークマーク!」
「もっと押し上げて」
「コミ(小峯のこと)、お前が20番だ(マークの指示)」
その他もろもろ、私も熊裏に座るのは楽しみでした。

ベンチからの指示といえば、今でも伝説になっているものがあります。
それは大熊さんではなく今サガン鳥栖の監督をしている松本育夫さんが
川崎フロンターレの監督だった1999年のJ2、西が丘での東京戦のこと。

試合開始から大熊さんはベンチ前に出ずっぱりで指示を送るのに触発されたのか、
松本監督もベンチから積極的に指示を送っていました。

試合も中盤に入ってアウェー側で東京がコーナーキックを取り、
ディフェンスの選手も上がってきてボールがセットされたかされないか、という時。
松本イクヲ氏はベンチ前に出てきて叫びました。

「気をつけろー。誰かに合わせてくるぞー!」

・・・・。
そりゃ、誰かには合わせてくるだろうけど・・・・・

私が座っていたメインスタンドからは失笑が・・
ええ、私も思わず笑っちゃいました。

そして、以後の川崎戦、(川崎戦に限らず)、コーナーキックのたびにスタンドから
「誰かに合わせてくるぞー」と、お約束のように声がかかるようになりましたとさ。
本当の実話です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2004

東京者

夜、渋谷から吉祥寺行きの井の頭線に乗っていた。
明大前から50歳台とおぼしき勤め帰りらしき男性が乗ってきて、
私の斜め向かいに立って雑誌を開いた。

お?!そこには馬場憂太の写真が。昨日発売のサッカーマガジンだ。
そのおじさん(っても私も十分おじさんだが)は、一心に憂太の記事を読みふけっている。

そしてよく見たらその男性の首には東京の携帯ストラップがかかっているではないか!
どこから見てもこの人、東京ファンないしサポーターである。
この年で(失礼!)ここまであからさまに東京ファッションの人、はじめて見ました。
チーム関係者か?いやいや、多分SOCIOだろう。

思わず話しかけそうになっちゃったが、
(「ダービー行かれました?」とか、「その記事、いかがでしたか?」とか、
「50+dayはいつも行かれるんですか?」などなどネタはいくらでもある)
いい大人なのだからと思いとりあえず自制した。

その人、憂太の記事を読み終わるとそのまま次の平本の記事に移っている。
日曜日のダービーで平本にヒヤヒヤさせられたことでも思い出しているのだろうか。

そこで電車は吉祥寺に到着し、その男性はJRの改札口に吸い込まれていった。

年齢を重ねても堂々と東京者でいたい、と思った今日の夜であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »