« 租界?治外法権? | Main | 神戸戦 »

September 09, 2004

合併騒動

一連のプロ野球の合併とストライキの騒ぎを見ていて、しっくり来ない感覚があったのだが、楽天日記の方のコメントにレスを書いていてその感覚が何か気づいた。

球団側にも選手側にも、「自分たちは日本の文化、野球という文化の中心的な担い手である」という視点が全く欠けているのだ。

自分たちの正当性を法律的・論理的な見地から主張することばかりが目について、
自分たちが誰に生かされているのかとか、他者に対する感謝の気持ちとか、
そういった考えは全くどこにも見受けられない。

野球は、今では他のスポーツに押されているような印象を受けるが、
昔から日本で一番人気があり、プレーもされているスポーツだ。
今でもそれは変わらない。

日本中、どこに行ってもサッカー場や陸上競技場はなくても、野球のグラウンドはある。
地方自治体の持ち物だったり、企業の持ち物だったり、所有はいろいろでも
野球場の数が一番多いのはおわかりいただけると思う。

ここまで野球が発展を遂げた理由については、
何人もの本職の書き手の方による本が出ているのでここでは論じない。

ただ、過去から今までの野球に携わった人々の途方もないエネルギーが費やされたことで現在の、プロ野球を頂点をする野球文化が成り立っていることに異論を挟む者はないだろう。

今プロ野球の担い手になっている球団幹部・選手達は、
過去から今までの野球界の歴史を知っているのだろうか。
その歴史に生きた人々が、どういう思いでその発展に力を尽くしてきたか、
その思いを自分思いに重ね合わせたことがあるのか。

好き放題に、専横に振る舞うことが、過去の遺産をただ食いつぶしているだけだということに彼らは気がついているのだろうか。
気がついているか聞いても「そんなことはあいつらに聞いてくれ」と言うだけだろうけど。

過去、我々の先人達が営々と築いてくれた歴史という名の遺産を
その名を汚す行動を行うことで食い潰していく。

今の日本を象徴するような今回の合併・スト騒動である。

日本の歴史は侵略と略奪の歴史である、昔の日本人は悪いことばっかりやっていた、
そういう教育を受けているのだから先人を尊敬しないのは当たり前か。

----------------

歴史の浅いサッカー界にも合併騒動があった。つい6年前のことである。
「横浜フリューゲルス」というチームがあっけなく消えた。
当時の「日産横浜マリノス」に吸収合併されて合併後「横浜F・マリノス」というチームになった。

この時も当時のフロントから一方的な通告があり、それだけだった。
「まずはじめにチーム消滅ありき」だった。

その後もヴァンフォーレ甲府が経営危機に陥ったが、地元の自治体やファン・サポーター層、地元経済界の協力により2年以上かけて何とか持ち直した。

現在サガン鳥栖が再建に向けた取り組みを行っているが、予断を許さない状況である。

ただ、甲府や佐賀を取り巻く人々の間には「何とか存続させたい」という意志が
(全員ではないだろうが)あったし、現在もある。

そこには、サッカー文化を根付かせようというたしかな「意志」が存在している。
歴史を作ろうという気概がある。

フリューゲルスの合併は、企業の論理最優先で進んだ。
当時のフリューゲルスの親会社は、全日空とゼネコンの佐藤工業だった。
合併後会社更生法の適用を受けた佐藤工業には「ざまあみろ」という思いしかないし、
全日空には飛行機を見るたびにフリューゲルスのことを思い出す。
今はイケシャアシャアとマリノスのスポンサーに収まっているのを見ると、思いは複雑である。

翻って我がFC東京であるが、スポンサーは東京ガスを中心に幅広く募集していて、
特定の企業に頼らないようにしている。
東京にサッカー文化を根付かせることを自らの使命としていて、
球団フロントの指向・考え方・行動は首尾一貫している。
そんなチームが身近にあり、力一杯応援できることを
私は本当に嬉しく思い、誇りに思っている。

今は個人の後援会員と年間チケットを継続購入しているだけだが、
近い将来FC東京の株主またはスポンサーになることを真剣に目指している。

|

« 租界?治外法権? | Main | 神戸戦 »

Comments

 まず事実誤認の指摘から。
〉当時のフリューゲルスの親会社は、全日空とゼネコンの佐藤工
〉業だった。
 佐藤工業は、フリエ消滅前に、経営悪化のためオーナーから降りていました。(全日空1社では維持できない、というのが全日空側の言い分でした)

〉球団側にも選手側にも、「自分たちは日本の文化、野球という
〉文化の中心的な担い手である」という視点が全く欠けているの
〉だ。

 選手会側に「欠けている」と感じる理由は何ですか?
 今回、フリューゲルス消滅の際の全日空にあたるのは近鉄ですね。全日空が間違っていたように近鉄も間違っていると思うんですが、プロ野球選手会が間違っているとすると、フリエ消滅に反対したフリエの選手たちも間違ってたんですか?
 選手会側は、反対する理由として「ファンを無視している」・
「野球ファンの縮小につながる」ということを繰り返しいっているんですがご存じですか?

Posted by: トール | September 09, 2004 at 12:12 PM

トールさん、はじめまして。
コメントいただき、ありがとうございます。

>まず事実誤認の指摘から
佐藤工業がいつ降りたかは記憶していませんが、そのことがフリューゲルス合併の引き金になった、」という認識はあります。

>選手会側に「欠けている」と感じる理由は何ですか?
・職場放棄のストライキをしようとしていること。
・そのストライキを土日にやるということ。
ストライキをやるぞ、という姿勢だけならまだいいのですが、本当に実行するのなら、その行為自体がファンを無視する行為だ、と私は考えます。

Posted by: BOWわたなべ | September 09, 2004 at 04:04 PM

 お返事有難うございます。
〉ストライキをやるぞ、という姿勢だけならまだいいのですが、
〉本当に実行するのなら、その行為自体がファンを無視する行為
〉だ、と私は考えます。

1)私は、「『日本の文化、野球という文化の中心的な担い手であ
る』という視点が全く欠けている」という理由をお聞きしたつもりなんですが……。
 「ファン無視」イコール「文化の担い手という自覚の欠如」ではないと思いますが?

2)では、選手会はどうすればいいのでしょうか?
 経営者側は話し合いに応じない、時間はない……。この状況下で打てる手はありますか?

追記 幸い、11・12日のストは回避されるようです。

Posted by: トール | September 10, 2004 at 04:58 PM

トールさん、返信遅くなってすみません。
とりあえずのスト回避だそうで、何よりでした。

>1)私は、「『日本の文化、野球という文化の中心的な担い手であ
>る』という視点が全く欠けている」という理由をお聞きしたつもりなんですが……。

はい、私もその点についてお答えしたつもりだったのですが、
言葉が足りないようで失礼しました。改めて書きます。

ストライキという、自らが選んだ手段によって、予定されていた興業を職場放棄すること。
この行為自体が、連綿と続いてきた(戦争中は一時中止になった、と記憶していますが)
プロ野球の歴史に泥を塗ることになるのではないか、と考えました。

プロ野球選手の本分は、お金を払って見に来てくれた客に対して
素晴らしいプレーを見せることだと考えています。
毎日毎日、毎試合毎試合、一流のプレーを楽しんでもらって
プロ野球界はここまできた、と考えています。

敢えて興業を中止に追い込むことによって自分たちの主張を認めさせようとする。
あまりにひどい経営側の主張と仕打ちに、人質に取られている立場のファンも
選手会側のスト実施におおむね同意している、との報道も見ました。

ですが、私は、全選手の総意によってストライキを行うという行為は
野球文化の中心的担い手であるという自覚・矜持に欠けていると思っています。

今回ストライキを行うことによって、開催が予定されていた試合が中止になります。
選手自らの意志で職場放棄を行います。

ストライキというのは労働者が自分たちの地位保全の要求を掲げて
経営者側と行う争議行為です。


>2)では、選手会はどうすればいいのでしょうか?
> 経営者側は話し合いに応じない、時間はない……。この状況下で打てる手はありますか?

私は選手会のコンサルタントではありませんし、何も頼まれてもいないので
選手会の詳細な状況を知る由もなく、
素人考えをご承知いただくという前提で申し上げますと、
親会社製品の不買運動キャンペーン
スポーツ番組買取など(タイアップによる広告費削減も可能なはず)。

以上です。

Posted by: BOWわたなべ | September 13, 2004 at 10:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49808/1395060

Listed below are links to weblogs that reference 合併騒動:

« 租界?治外法権? | Main | 神戸戦 »