« October 2004 | Main | December 2004 »

November 29, 2004

リーグ最終戦

前半途中からMXでテレビ観戦でした。
感想を一言で言うと「天皇杯に向けてきっちり合わせてきたな」と。

相変わらずシュートが入らないことを除けば、
見ていて楽しい面白い試合でした。
攻撃サッカーの面目躍如、といった感じで楽しいことこの上なし。

相手のガンバ大阪は、J1昇格当時から昨年くらいまでは
相性が悪いというか何というか、ほとんど勝っていない。

特に万博では、一昨年の悪夢の5失点とか、
昨年の松代の大当たりで優勝戦線から一歩後退させられたりだとか、
いい思い出が(行ったことはないんですけど)ないんです。

それが昨日はいい試合してくれて、
危ない場面(後半最後の方、Pエリア内で手にあったっているのが
はっきりテレビに映っていました)もありましたが、
勝ちを収めることができた。

ナビスコの準決勝も大勝でしたし
今年はガンバには完勝といってもいいのではないでしょうか。

今まで相性の悪かった相手に、善戦しながらも勝てず
ようやく今年になって勝ってきた。
少なくとも苦手意識は無くなったと言うことで。

天皇杯に向けて調子上がってきましたから。
再来週、大宮も意気上がってますから、いい試合になりそうですね。

あーあ、鴨池じゃなけりゃなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 24, 2004

村林専務、早稲田の杜に立つ

前回に引き続き村林専務ネタですが。
サポティスタのトップで取り上げられていたので
ご承知の方も多いと思いますが。

村林裕氏講演会「スポーツクラブ経営 -FC東京成長の軌跡-」
11月26日(金)17:00より早稲田大学の西早稲田キャンパスにて。
入場無料。

もちろん、私は万難を排して行きたい・・ところではありますが、
自分もちょうどその時間仕事関係の講師やることになっていて
残念ながら聞きに行けません。

村林専務は東京ガスがプロ化する立ち上げの時から
第一線のトップでやってきた方ですから、
FC東京の歴史(といってもまだ6年ですが)を知りたい方は
ぜひ行かれると良いと思います。
東京に関わるいろいろな裏話が聞けると思いますよ。

行った方にはぜひともその様子を聞かせていただけると嬉しいです。
できれば、よろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 22, 2004

村林専務、駅前に立つ

DSC00018.JPG

明日の試合の告知のため、地元の駅前(西武多摩川線多磨駅)で
いつものように村林専務がビラ配りをしていました。

いい年したおっさん(自分)がニコニコしながら小走りに近寄っていったので
ちょっと引かれてしまいました。(当たり前だ)

表は久々のフルカラー。土肥押しです。
見出しの文字が読みにくいですが
「鉄人・土肥 歴史作る」と書いてあります。
裏は新潟戦を東京中日スポーツの記事から。

調布に向かうバスの中からいつものように味スタを仰ぎ見て
ああ、明日が楽しみです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2004

年間順位を見てみると

新潟戦、ビデオに録っておいたのを見ました。
結果知っていて見たので、知らないで見たのと印象違うかもしれないけど
一言で言っちゃうと

しょーがないなー。

新潟は1ヶ月ぶりのホームで、まして「がんばろう新潟」だし、
勝とうとする気持ちは間違いなく新潟の方があった(ように見えた)。

東京としては前半あれだけガンガン新潟が来ていたから、
後半足が止まるであろうことは計算済みで、
事実最後の方は決定的なチャンスも作っていたんだけど、

そこまでに4点も取られたら、あなた、そりゃ勝てませんって。
こっちが退場者出して10人になっていたらわからないけどね(?)。

復興支援という意味と気持ちを(負け惜しみ一杯に)含めて
しょーがないな、というのがこの試合限りでのチーム全体に向けての感想。

しかし、しかしですよ。
リーグ戦残り2試合というところで
セカンドステージ11位・年間順位9位ってのはどうなの??

代表で取られるメンバーが多すぎた。けが人続出。
確かに今年は開幕前からいろいろありました。
でも、それをこの順位の言い訳にしちゃって良いと思ってますか?

リーグ戦の順位というのは1年を通しての順位なのだから、
波はあってもおおよそ実力通りに収斂していくというのは
サッカー界の定説であり、常識ですよね。

年間の勝ち点で見ると、9位のわが東京は勝ち点37。
トップの横浜は58、最下位のセレッソ大阪は20。
ここまで28試合の積み重ねが出ているこの数字、どう見ればよいか。

今年はナビスコカップ優勝という貴重な「経験」を積むことができました。
これは今年の最大の成果であり、私も本当に嬉しかった。
しかし、カップ戦優勝だけで終わっている黄色やオレンジのチームの現状を見ると
わがFC東京がああならないという保証はどこにもありません。

23日の今年最後のホームゲーム。
相手は市原、昨日の試合は5-1の収穫祭。
ファーストステージの対戦では2-0でリードも、
相手が一人少なくなってから2点追いつかれて引き分けでした。

気持ちのこもったいい状態でゲームをすればそうそうたやすく負けないはず。
ですが、いい加減にやるときっちりやられて大負けする相手です。
試合終了後の原さんのあいさつを笑えるかどうか。期待してます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 19, 2004

新潟

1999年11月21日。日曜日。
会社に行くよりはるかに早い時間に家を出て、新宿西口に向かった。
バスツアーのバスに乗り込み、新潟に向かった。

今日勝っても大分が勝っちゃえばうちらは来年もJ2。
大分はホームゲームで我がFC東京はアウェー。
そもそも今年新潟とやるのは4回目だけど、3回とも負けている。
3回負けてるから今度も負けるかも
3回負けてるから今度は勝つでしょう。

どういう展開にも成り得た。どっちの可能性もあった。
だから、こう思うことにした。

俺たちはJ1に昇格したいと思っている。
でも、自らコケて昇格の夢をしぼませてしまった。
でも、まだ可能性はゼロではない。
人のことはどうでもいい。
その可能性を、今、自分の力で最大限に広げるためにできること、
自分ができることを精一杯悔いがないようにやろう。
ここまでの展開は後悔ばっかり残っちゃうけど、
今日一日においては悔いが残らないようにしよう。
そう思ったから、わざわざ新潟まで来たんじゃないか。

だから、第4クールやばくなってFCサンタさんの呼びかけでゴール裏行くようになっても
いつもはイケイケの端、ちょっと離れたところにいたけれど、
新潟市陸では試合前に空いているところ見つけて爆心地近くまで潜り込んだ。

ここしばらくの中でも本当にいい試合をして1-0で勝って、
試合中も大分がリードしているらしいってあちこちでささやいていたけど、
「もういいや。いい試合したし」という気分もあったのも事実。

大分が延長に入ったらしいといってからの30分は長かった。
バスツアーは時間だから戻るようにて言われても戻る人は少なかった。
(戻った少数の方々には悪いことをしました)

前にも書きましたが、メインスタンド下の控え室から
グランドコートを着た奥原選手がバックスタンドの俺たちに向かって
真っ直ぐに走ってくる姿を目にしたとき・・・
そのシーンを思い浮かべただけで、いつでも私も劇団ひとり。

あれからもう5年も経つのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2004

天皇杯

気がついたら1週間も空けてしまいました。
ナビスコの余韻未ださめやらぬ・・といつまでも言ってる場合じゃなく
天皇杯も始まりまして。

やたらとJ1勢がコロコロと負ける中、
わがFC東京は何とか仙台を1-0で下して次へと進みました。
仙台までいらっしゃった方々も多数いたようで、
牛タンを堪能したとの声あちこちで拝見しました。

私が行ったのは2年前になりますかね、
スタジアムが感動的で、
地下鉄が地上に出るといきなり右手にスタジアムが現れて。
駅からスタジアムがホントに近くて、
ピッチとスタンドもホントに近くて屋根があるから声援が反響して
感動的な体験でした。

さて、5回戦はリーグ戦後の12月に入ってからで、
相手はJ1昇格ほぼ決定の大宮。
会場がどこかまだ決まってないようですが、
遠隔地じゃなければ見に行きたいんですよね。

大宮で覚えているのは99年のリーグ戦、
4廻り目で残り3試合。

平日の大宮公園でした、確か。
前節うちは甲府に2-0で勝って少し、ほんの少しだけ光が見えた。
そして土曜日に大分が負けたので、この月曜日の試合、
この大宮に勝てば勝ち点差が開いてかなり光が見えてくるかと思って。

仕事5時で放り出して大宮公園まで行きました。
結果・・Vゴール負け。

今でも覚えています。
大宮のサイド攻撃でセンタリングが誰かに当たって
ふわり、と変な弧を描いて、岩瀬にドンピシャでヘディング決められて
向こう側のゴールだったんだけどよく見えました。

今年の大宮、土曜日も清水に快勝との噂。
対戦するときにはたぶんJ1昇格を決めて意気上がっているはず。
まして東京に勝てば次は浦和と埼スタでダービーだ、なんて
モチベーション上がりまくりでしょ?

サッカーには楽な相手はいないってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2004

テレビ東京優勝記念特別番組

なんで特番なのに日曜深夜2:30なんてとんでもない時間に、
なんて気持ちもあったんですが。

ビデオにとって今朝30分早起きしてみましたが、
そんな気持ちどうでも良くなりました。
愛情溢れるいい番組でしたよ。

ビデオ録ったのにまだ見ていない、なんて人がいたら
どんなに忙しくても睡眠時間削って今すぐ見るべき。

月曜の朝一番からテレビ見て涙流す私の姿に
嫁さんはいぶかしがっていたけど、
清々しい朝、やる気フルチャージになりました。

ナビスコ決勝(CX)-MX特番-テレ東特番と続けて録ったこのビデオ、
早々にツメ折っておきました。永久保存版にするしかないって。

あと、FC東京とは関係ないんだけど、今日の「ELGOLAZO」。
JFLの記事読んでたら、ちょっと懐かしい名前が。

ザスパ草津と大塚製薬の試合の主審が 恩氏孝夫さんでした。
大塚のの谷奥という選手が前半44分に
立て続けに2枚イエローもらって退場になっていました。

・・・・いえね、試合見てないから何とも言えないんですが、
芸風変わってなさそう。

でも、今のJ1の主審には彼を越えるカード好きがそろっているような気が・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 07, 2004

大分戦・・ビデオ観戦でした

昨日の試合、残念ながらスタジアムに行けずにビデオ観戦となった。
試合終了後知り合いから「勝てるかと思いましたが・・」というメールが来ていたので
結果をほぼ(?)知ってからの観戦となった。

見終わってまず思ったのは
「2日間だけの練習ではそれほどシュートは入るようにはならない」
ということ(笑)。

ナビスコ決勝後の優勝報告会では社長までもがシュートの精度を口にしていたくらいの
わがFC東京のシュートではあるが、
さすがに精度が上がるのはまだこれからのようだ。

あとは監督自らリーグ戦をあきらめているようなことを公衆の面前で言っちゃったら、
こりゃ相手だってやる気満々でつけ込んでくるだろうし、
まあしょうがないんじゃないんでしょうかね。

ただ、いい機会をもらって出てきた若い選手達は言い訳きかないと思う。
ユースケ・・ポスト役、今ひとつ落ち着かない。空回りか?
憂太・・スランプか?私が期待しすぎか?独りよがりが目立った。
梶山・・よかったんではないか?私から見るとつかみ所なくて宇宙人だ。判断不能。
増嶋・・アジアユースの呪縛からはそろそろ解けてきたか。でももっとできる男だと思う。

監督も次は天皇杯と言っていたし、いい調整ができた、としましょう。
来週は仙台行ってうまいもの食べてきっちり勝ってきて下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 04, 2004

優勝!!

昨夜遅くパソコンの前に向かったら、頭が真っ白になった。
国立から味スタに向かう京王線の中で、
味スタから家に向かって歩きながら、
あんなことやこんなことを書こうといろいろ浮かんでは消えはしていたが、
フジテレビとMXのビデオを見終えて、
さあ書こうと思って座った瞬間、何を書いていいのか分からなくなった。

今朝起きて、いつものように台所でコップ一杯の水を飲もうと
水の入ったマグカップを持ち上げようとした瞬間、
「ああ、勝ったんだな」という思いが腹の底からこみ上げてきて
ほんの少し涙が浮かんできた。

サッカー見てきてこんなに心が動いたのは、
アメリカワールドカップ最終予選以来のことだ。
いわゆる「ドーハの悲劇」。
あのときは、テレビの前で試合が終わってからも呆然としていて
テレビ画面で岡田武史氏が男泣きにくれている様を眺めていた。
翌日、ひげを剃ろうと鏡に向かった瞬間
「どうして、どうしてなんだろう」と泣けてきたのを覚えている。


昨日の国立、私はいつもに増して強い気持ちで試合を見ていたような気がする。
後半、バックスタンド中央にいた私の前で、
加地は何度か連続してパスミスやら、つまらないミスを連発した。

普段なら、「何だよ、今日はダメな日か?」とややお笑い系で見ているのだが
昨日は「腐るな腐るな、がんばれ加地」と声に出して応援していた。

延長にはいってからは、中2日の強行日程が効いてきて
足が動かなくなりハーフコートマッチの様相を呈してきたが
「ワンチャンスつかめば絶対に点を取れる」という気持ちで見ていた。
延長戦の最後まで、東京が1点取って勝つと本気で思っていた。
こんな風に思って試合を見たのは初めてだった。


PK戦の最後、加地が決めて走り出し、ベンチからもみな飛び出して
思い思いに喜びを爆発させている姿を見ていて、少し泣いてしまった。

5年前の新潟市陸のバックスタンドで、大分の結果をじりじり待っていて
やがて控え室から叫び声が上がり、グラウンドコートを着た奥原選手が
真っ先にこちらに向かって駆けてくるのを見た瞬間、
みな声にならない叫び声を上げて喜びを爆発させていた。

私もその中で本当に嬉しいと思いながら、ニコニコ満面の笑みはあったが
そばで号泣している人を見て「ああ、俺はここまではまだ行ってないな」
と、羨ましく思った。
応援すると決めて1年目で、こんなにいい思いさせてもらっちゃって
申し訳ないな、という気持ちもどこかにあったような気がする。

昨日は自然と涙が出てきた。
隣に座っていたのがいつものように妹じゃなくて嫁さんだったから
みっともないと思ってすぐにこらえちゃったが、
生涯初?の嬉し涙だった。

ああ、勝つというのはこういうことなのか。
勝つことの真実なのかどうかは分からないが、
今までにない心境を味わえた気がする。

子供の頃「ダイヤモンド・サッカー」で見たスタジアムの雰囲気。
あんなスタジアムが自分の住む町にあったらいいな、
週に一度の試合に出かけ、たくさんの同志と喜んだりガッカリしたり、
そんな密かな夢が叶った喜び。
そして今回初優勝の喜び。

こんな幸せをくれたFC東京のフロント、スタッフ、選手全員の方々。
そしてチームを応援するすべての方々に感謝です。

ヤマザキナビスコカップ優勝、本当におめでとうございます。
そして、ありがとうございます。






| | Comments (0) | TrackBack (0)

試合が終わって飛田給行って優勝報告会から帰ってきて
晩ご飯食べて試合のビデオ飛ばしながら見て
そこまで終わったら12時回ってました。

とりあえず、勝ててよかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2004

いよいよ

いつもの平日と同じ朝6時に起きて、
でも仕事なぞせずに某FC東京サイトのアンテナ経由で
いろいろお邪魔してきましたが、

皆さん寝てませんねえ(笑)

寝ないままもう国立に向かわれたのでしょうか。

私はこれからお風呂に入って身を清め、
妻に付き合って開店と同時に買い物をしてからお昼前に出発です。

試合後、何時にパソコンの前に座るのか。
勝てば味スタで祝勝会出席。
さもなくば国立から直帰。
どちらにせよ、8時間半後には結果は出ています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2004

いよいよ明日

浦和方面からお越しの皆様、ようこそいらっしゃいました。
当方は普段はヌル~くやっておりますが、與野レッズBlog さんにご紹介いただいてからいつもの10倍近いアクセスが来ており、そんなに来ていただくなら、と
普段の10倍のスピードで(?)更新しております。


予定が変更になって午前中は自宅で仕事。家を出るのが昼を過ぎたので、
ナビスコ決勝号のMDPは味スタ前のユーロスポーツで買うことにした。

味スタ前の歩道橋は、さすがに人は少ないものの、お昼時とあって
ちらほらと歩いている人の姿が。
店にはいると、1階のレジ前にありました。
ルーカスと石川の表紙がまぶしいMDP19号。

決勝記念のマフラーが出てないかとおもったがやはり明日の国立のみのようだ。

店内は混雑している、とは全く言えないほど閑散とはしているが
少し時間をおいて次、また次、と店内に客がとぎれない程度に来客がある。
みんな明日が楽しみなんだなあ。

遅めのお昼は決戦前日ということでトンカツにした。

事務所についてさて仕事、と思ってもなかなか手につかない。
ちょっとコンピュータに向かってはMDPを読んで
この5年半に渡って応援してきたいろいろな思い出に耽り、
一本メール打っては昨日買ってきた「ELGOLAZO」のナビスコ決勝プレビューを読んで、
明日の国立競技場、満員の中で東京が優勝する瞬間に思いをはせる。
仕事しろよ>自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ご紹介いただきました。

昨夜よりアクセス数がやけに増えている??と思ってリンク元をたどってみたら
こちらのblogでご紹介いただいたようで。
アクセス数から見てずいぶんとメジャーな方のようですね。ご紹介いただき、ありがとうございます。
こんな辺境にどうしていらっしゃったのか?と思ったら同じココログなんですね。

>バックスタンド中央から念を送るそうです。上段の自由席ではなく、隣の座席に敵がいるかもしれないことをご理解しているのだろうか。

なんて緊張感漂うご紹介をいただきました。

まわりは赤い人たちばかりだろう、と覚悟はしてますが、
指定席なのだから逆上して隣の席の私たちに襲いかかるようなことはないだろう、と
そう考えているわけで。カシマじゃあるまいし。
それとも東京が勝ったら身の安全を考えてホームゴール裏に避難した方がいいのですかね?

おっと、つまらないマジレスしちゃいました。失礼しました。

さて、今日はFC東京特別マッチデイプログラムが発売されます。
私もお昼過ぎに事務所近くのときわスポーツへ行くつもりです。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 01, 2004

2日前






仕事もしないで東京サイトをあちこちほっつき歩き、
さっき「EL GOLAZO」をコンビニ行って買ってきました。
頭から4ページ、ナビスコカップのプレビューをなめるように読みました。
いてもたってもいられずに一番大きいFLASH貼ってみました。
これからまじめに仕事します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »