« 新潟 | Main | 村林専務、駅前に立つ »

November 21, 2004

年間順位を見てみると

新潟戦、ビデオに録っておいたのを見ました。
結果知っていて見たので、知らないで見たのと印象違うかもしれないけど
一言で言っちゃうと

しょーがないなー。

新潟は1ヶ月ぶりのホームで、まして「がんばろう新潟」だし、
勝とうとする気持ちは間違いなく新潟の方があった(ように見えた)。

東京としては前半あれだけガンガン新潟が来ていたから、
後半足が止まるであろうことは計算済みで、
事実最後の方は決定的なチャンスも作っていたんだけど、

そこまでに4点も取られたら、あなた、そりゃ勝てませんって。
こっちが退場者出して10人になっていたらわからないけどね(?)。

復興支援という意味と気持ちを(負け惜しみ一杯に)含めて
しょーがないな、というのがこの試合限りでのチーム全体に向けての感想。

しかし、しかしですよ。
リーグ戦残り2試合というところで
セカンドステージ11位・年間順位9位ってのはどうなの??

代表で取られるメンバーが多すぎた。けが人続出。
確かに今年は開幕前からいろいろありました。
でも、それをこの順位の言い訳にしちゃって良いと思ってますか?

リーグ戦の順位というのは1年を通しての順位なのだから、
波はあってもおおよそ実力通りに収斂していくというのは
サッカー界の定説であり、常識ですよね。

年間の勝ち点で見ると、9位のわが東京は勝ち点37。
トップの横浜は58、最下位のセレッソ大阪は20。
ここまで28試合の積み重ねが出ているこの数字、どう見ればよいか。

今年はナビスコカップ優勝という貴重な「経験」を積むことができました。
これは今年の最大の成果であり、私も本当に嬉しかった。
しかし、カップ戦優勝だけで終わっている黄色やオレンジのチームの現状を見ると
わがFC東京がああならないという保証はどこにもありません。

23日の今年最後のホームゲーム。
相手は市原、昨日の試合は5-1の収穫祭。
ファーストステージの対戦では2-0でリードも、
相手が一人少なくなってから2点追いつかれて引き分けでした。

気持ちのこもったいい状態でゲームをすればそうそうたやすく負けないはず。
ですが、いい加減にやるときっちりやられて大負けする相手です。
試合終了後の原さんのあいさつを笑えるかどうか。期待してます。

|

« 新潟 | Main | 村林専務、駅前に立つ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49808/2021576

Listed below are links to weblogs that reference 年間順位を見てみると:

« 新潟 | Main | 村林専務、駅前に立つ »