« 最終予選 | Main | 開幕戦 »

February 10, 2005

第1戦

テレビで見ておりました。
残念ながらBSを見られる環境にないので、テレビ朝日を視聴。

中継に対する怒りで試合内容のショボさを相殺しちゃいました。
なんで松木氏がメイン解説席にいるのだろう。
アナウンサーも解説者も、
わかんないもの同士でマイクに向かってしゃべられたら
見ている方がストレスたまりまくりになるでしょうが。
あきらめるしかないんだろうなあ。

それにしても試合終了後北朝鮮ネタを延々と流し続けたテレ朝、
やっぱり奴らは手先だったか、と私は改めて確信しました。
古舘さんも、プロレスの名実況の数々は大好きでしたが
もう彼の出ている番組を見ることはないでしょう。

朝から仕事していてネット世論をまだ見ていないんですが、
きっと批判と怒号が渦巻いていることでしょう。
ホームであの内容では仕方ないかもしれませんが、
私は結果出したので初戦はオッケーだと思っています。

事前の親善試合(シリア戦とか)を見ていないけど、
調整をしてきたとは言ってもシーズン前はシーズン前だろうな、
と思っていたんですが違うのかな?

日本には最終予選の初戦というプレッシャーがあってかつシーズン前だし、
北朝鮮はチャレンジャー精神で向かってきてましたよね。
シーズン1発目の真剣試合で、これで目が覚めたんじゃないのかな。
アウェーのイラン戦で勝てればかなり有利になるし、
負けてもまだまだ悲観する必要はないし、
普通に力を発揮すれば勝ち抜けると思っています。
すごくいい加減で何の根拠もない迷信といわれればその通りですが、
自分としてはただテレビの前で応援しているだけです。

この予選に臨んで、代表チームに課せられた使命は
来年のドイツ行きの切符をつかむこと。
要は4チーム中2位までに入ればいいわけですよ。

ネット世論見てないと言いながら、実は中坊さんのところだけ行ったところ、
試合の途中で日本に負けて欲しいと思った瞬間があったようで。
そう思う人の話、過去にも聞いたことがあるんですが、
どんなクソ試合でも代表には勝ってほしいと思う私は
もしかして日本代表原理主義なのでしょうか?

昨日の試合前、8年前の気持ちを思いだし、
さて今日からはどう見ればいいのか、
あの時は代表命だったけど今は東京の方が大事だしな、
距離感がつかめなくて戸惑っておりましたが
一試合見て私のスタンスは決まりました。

1.どんな試合でも良いからとにかく勝ってくれ。
2.途中連敗したり順位が落ちても絶対にあきらめない
3.勝ち進んでも2位以上が確定するまでは過剰に喜ばない。

これが93年の最終予選、97年の最終予選、
99年のJ2東京(特に第4クール)を真剣に応援してきた
私の数少ない経験から導かれた私の自然な気持ちです。

|

« 最終予選 | Main | 開幕戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49808/2875081

Listed below are links to weblogs that reference 第1戦:

« 最終予選 | Main | 開幕戦 »