« 12年前の出来事の意味と意義 | Main | 対ガンバ大阪戦 »

October 29, 2005

浦和対川崎

事務所にいて仕事してなくちゃいけなかったんですが、
4時頃ついテレビつけちゃってそのまま見ちゃいました。

審判の家本さんって噂には聞いてましたが、
噂に違わない弾けっぷりでしたね。

川崎はかわいそうでした。
後半コーナーキックからの佐原の3点目。
取り消されちゃいましたけど、どこがファウルなの?
スロー再生を見たら、私の頭はますます??に。
外国の監督のコメントで「審判にゴールを盗まれた」
というのを見かけたことがありますが、
関塚監督がもしそう言ってたらうなずいちゃいます。

あと都倉のレッドもちょっと厳しいかな、と思いましたが
先日の大宮-東京戦でうちの戸田も同様のプレーで
一発レッドもらっているから仕方ありません。

いただけなかったのは、
その後都築が報復で何度も体当たりしていたのに
彼はイエローで済んじゃったこと。
GKがいなくなると大変だ、と同情してあげたのでしょうか。
もしかして「家本流バランス取り術」?

都築はものすごい勢いで都倉に体当たりを浴びせていたのに、
その後はずいぶんと痛がっていましたね。

浦和の皆さんは、選手も監督もいつだって、
こぞって審判に文句ばっかり言ってますから、
今日の試合はさぞご満足だったのでは?

川崎は、幻の3点目のあとも攻め続けていたので、
その間に1点取れればよかったのでしょうが。

前半の攻め合いは見ていて楽しかったのですが、
最後は何となくすっきりしない気分でした。

明日のわがFC東京は、
できることならすっきりガンバを下して
降格ゾーン本格脱出に王手をかけてもらいたい
と思っています。

|

« 12年前の出来事の意味と意義 | Main | 対ガンバ大阪戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49808/6734327

Listed below are links to weblogs that reference 浦和対川崎:

« 12年前の出来事の意味と意義 | Main | 対ガンバ大阪戦 »