« March 2006 | Main | June 2006 »

April 28, 2006

成長の姿

水曜日のナビスコカップ横浜戦、
4/1に続きまた田中隼にゴール決められちゃったり、
松田にあり得ないループ決められちゃったり、
ペナルティエリア内で倒された伊野波が無視されたりとか。
特に嫌いな選手ワースト3に入る松田にやられたのは悔しい。
(また審判にいちゃモン付けたり、いちいちチクったり
やらかしていました。ちなみにあとの二人は
福西と中払です。って誰も聞いてないですね)

それはさておき。
結果は負けですが、今年見た中では一番面白かった。
気持ちが伝わってくる試合ぶりでした。
シーズン当初から見ると、成長していると見えました。
前のエントリで書いた私の今月の目標
「ゆっくりながらも確実に成長を続ける我がFC東京の戦いぶりをこの目で確認した」
達成できそうな戦いぶりでした。

この1週間で3つのリーグ戦。
中断前にカタチと結果を見せて下さいね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 26, 2006

本日ナビスコ横浜戦

週末の万博、オフィシャルと監督の強気のコメントとは裏腹に
現地組の皆様のレポートでは相変わらずの様子。

今日対戦するマリノスも、週末は小瀬で
あまりご様子がよろしくなかった様子。

というわけで、グダグダ者同士の対決、
といいたいところですが、
今月2回あった直接対決の内容を思うと、
向こうさんとうちとを同列に扱うのは失礼かな、と。
スコアだってロスタイムにやっと追いついた引き分けと、
0-2の負けとで1分け1敗ですから。

関係ないけど、今月の「目標達成シート」にですね、
仕事の他にもプライベートの項目を書くんですが、その1番手に
「リーグ・カップ戦を含めて今月は6試合観戦。ゆっくりながらも確実に成長を続ける我がFC東京の戦いぶりをこの目で確認した」と書いたんですよ。

「6試合観戦」
「戦いぶりをこの目で確認」

は、間違いなく達成できそうなんですが、
ゆっくりながらも確実に成長を続ける我がFC東京
この部分、微妙だなあ~(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 17, 2006

ま、しょうがない

今朝月曜日のエルゴラ、巻の写真がトップでしたね。
まだ買ってませんが。買う気萎えましたので。

試合内容は、見ての通り、前半グダグダ、後半もグダグダ。
頂き物の2点で、一応形にはなったような。

今年、ココまで見ていてはっきりしたのは、
「弱いところにはしっかり勝てそう。
 強いところにはしっかり負ける」ということ。
昨年までは
「こっちが嵌れば相手の強さ関係なく勝つ(大勝もあり)。
 その代わり相手がきっちり対策してくると引き分けちゃったり」。

で、前向きに考えれば、このままチーム力が上がれば
しっかり勝てる相手のレベルがだんだん上がってきて、
最終的にはどんな相手にも勝てるようになる。
そういうチームにするために監督を替えたんでしたよね?

という期待をしながら、引き続き見届けていきます。

そういえば、甲府戦のチケット、アウェー側売り切れてましたね。
試合終わってから東京仲間の方々と庄やで一杯やっていたときに思い出して、
帰り道のファミリーマートに行ったら、アウェーのみ売り切れ。
とりあえずメインスタンド側買いました。
なんだか、すっかり人気チームになったなあ、と
感慨深いです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2006

悔しかったこと

・横浜駅から乗ったタクシーの運ちゃんが
態度悪い上に、道が判っているのか判ってないのか、
三ツ沢の公園口に入って裏まで回ろうとしたので
慌てて止めさせて降りた。
ボッタクリか?地元じゃないからってバカにしやがって。ああ悔しい。

・アウェー入り口は、手前側から足下の覚束ない薄暗い道を通らされる。
転んで怪我でもしろってか。ああ悔しい。
(それはそれとして手荷物チェックが全くなかったのはなぜ?)

・後半1点取ったあとはまだ時間があるうちから
露骨な遅延プレーを繰り返して時間稼ぎをするようなチームに負けてしまったこと。
ああ悔しい。
(阿部ちゃんのオーバーヘッドキックを食らった中澤は
そんなそぶりを見せずにプレーに戻っていったことは記録しておく)

・後半途中から久保が出てきて、終了間際にお約束のように1点取られたこと。
それってベタ過ぎだろ。注文相撲にはまった感じ。ああ悔しい。

・スタンドを降りたら、強制的に公園の外に出されて
外周の一般道路、せせこましい歩道を遠回りさせられるアウェーの洗礼。
日産スタジアム並に歩かされたよ。
なんでこんな目に会わされなきゃいけないのか、
「それはアウェーチームだから」ああ悔しい。

「今度横浜が味スタに来たときは、奴らを
アウェーエリアからは南側にしか出られないようにして、かつ、
甲州街道を東にしか行けないように設定して
飛田給駅じゃなくて西調布にしか行けないように隔離してやればいいんだ!」
三ツ沢からの坂道を下りながら
そんなお門違いなことを熱くなって考えているスーツ姿の40男。それが私。

席が前から3列目で状況把握がほとんどできてなかったので、
内容については語りません。
ただ、ついこの間戦った相手と普通に試合して普通に負けた。
これが本当に悔しい。

土曜日、お願いしますよ、本当に。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

April 11, 2006

明日の試合

明日水曜日、天気があまり思わしくないようで。
雨があまりひどいようなら断念するかもしれません。
なにせ客先から、大事な書類を預かったまま直接向かうことになるので。

水曜日のチケット、ホーム・アウェーとも自由席は売り切れたようですが、
東京グッズを身につけたホーム自由席券所持者は
今回どういう扱いになるのでしょうね。
向こうのオフィシャル、段幕掲示の案内は出ていますが、
まあ、うちらですから「弾力的な運用」でも大丈夫でしょうけどね。

それにしても、このページの下の方の「入場ゲートのご案内」、
表示が曖昧でよくわかりません。
ビジター向けの記事なんだから、
見せるんだったらもっとわかりやすくしてくれないと。
バックスタンド側から入れってことなのかな?
中の通路は隔離されているのだろうか?
売店はあるのか?
行ってみてのお楽しみだな。

さらに向こうのオフィシャルを見ていたら、こんな記事も。
先日かなりやられた2人ですから、ありがたい話ですが、
あちらは控えもしっかりそろっていますから。
とにかく自分たちの戦いを見せて欲しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 09, 2006

目に見えた進歩

いい勝ちっぷりでしたね。
久々に味スタのいつもの席で、気持ちよーく見ることができました。

2000年の1stで勝って以来、一昨年までまったく勝てなかったのに、
こんなに気持ち良く勝ってしまっていいの?
昨年の勝ちを見ていない私には、半信半疑の帰り道でした。

相手のあることとはいえ、チーム全体が覚醒し始めた?
もちろん、前半、やる気があるんだかないんだかというパスミスがあったり、
手放しで喜びはしませんが、
開幕以来(甲府とのプレシーズン以来)の
良いんだか悪いんだか、ちょっと兆しが見えては元通りか?
というところよりは目に見えて進歩したのではないか、と。

これが本物かどうか、
12日横浜、15日調子を戻した気配のジェフ、
22日ガンバ大阪、26日もう一回横浜、と
しっかり見届けていきますよ。

Continue reading "目に見えた進歩"

| | Comments (0) | TrackBack (2)

April 04, 2006

横浜戦:その後

先の横浜戦終了後に起きた「ガーロやめろ」コール、
半ばエイプリルフールかと思ったら、結構マジだったようで

私にはそこまでの危機感はなく、
「時間が解決するかどうかは判らないけど
とにかく実力を見極めるまでは至っていない以上
もうしばらくは様子見するしかない」
と思っているので、今しばらくは監督の去就にはふれません。

新しいサッカースタイルをもうすぐ、
味スタのピッチで披露してくれる日を夢見て。

でも、小平でちゃんと練習しているのかなあ。新しいやり方。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 01, 2006

横浜戦

仕事を切り上げる時刻を間違えて、
キックオフ直前にスタジアムに到着。
当日券を買ってスタンドにはいると、
「行進」の真っ最中でした。

場所によっては空席の目立つホーム側に対して
逃げ場無しでぎっしりのアウェー側。
アウェーの洗礼はしょうがないこと。
何とか席を見つけて座ってみてました。
来週は営業だけでなく説明会の講師の仕事もあるので
声をつぶすわけにはいかないので、
じっと黙って拍手だけして見てました。

ただ、横浜の知り合いの方から連絡もらって、
「バックスタンドにいます」と言われたんだけど
アウェーは完全隔離されている上に
通路にも10mくらいの緩衝帯ができていて、
柵越しに話すこともかなわず大変残念でした。
まったく、余計なことしてくれるものです。

試合の方は・・うーん、何というか
また元に戻っちゃったって感じ?(半疑問形)
いらいらの募る90分間でした。

止まってパス、止まってパス、
途中で取られてワーッと来られて
ふう、外してくれたもしくは何とか凌いだ、の繰り返し。

マンマークは伊野波だけかと思ったら、
みんなしてマンマークしている(ように見えたときもあった)から
一人外されると後はグダグダの繰り返し。

マリノスは流れるような動きから、再三攻め入ってきて
シュート数は11:21だそうですね。

試合内容から言って引き分けは上出来でした。
でもそれは結果論ですから。
そんな試合内容にならないようにホント、頑張ってくださいね。

試合後、引き上げてくる監督に「ガーロやめろ!」コールが起きてました。
まだ早いでしょ。
何にも形になっていないんだから、結論は出せないと思います。
最短でもナビスコ含めて中断までやってみてから、
じゃないでしょうか。
マリノスともあと2試合あるし。

成長を測るにはちょうどいいんじゃないですかね。
今日と水曜日の駒場の試合を基準にして、
4/26のマリノス戦、5/17の浦和戦、
味スタで成長を確認してみたいと思います。

まずは来週の磐田戦、
とりあえず期待しましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

また試合ですね

4/1、新年度で土曜日です。
午前中は出勤して真面目に仕事をして、
午後から新横浜(もしくは小机)に行きます。

中2日では声がまだ回復しないので、
アウェーエリア端の方でおとなしくしています。

そういえば水曜日の浦和戦、気がついたんですが
浦和の選手が審判に対して冷静でしたね。
サポーターの皆さんは相変わらずガーガーピーピーやってましたが。

以前見たときには、ちょっと判定に不服だと大げさに抗議してみたり、
「やってらんねえよ」みたいな態度とったり、
そんな選手たちを見てスタンドがより一層ヒートアップしたり、と
選手が文句ばっかり言って見苦しい印象でした。
水曜の試合ではそれほどでもなく(ポンテは結構言っていましたが)
試合に集中している印象でした。
強くなったことと関係があるのでしょうかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | June 2006 »