« September 2006 | Main | September 2007 »

October 08, 2006

自分にできること、ということで、
前のエントリに書いたとおり、行ってきました、瑞穂陸上競技場。

とにかく、ずーっと風が強かったのには参りました。
前の席の方は帽子を飛ばされちゃったようで、果たして見つかったのでしょうか?

会場は、改修前の小瀬を大きくしでゴール裏にベンチ席を置いた感じ感じで、
全体的にほのぼの感が漂っていました。

ほのぼのといえば、マスコットのグランパス君達3匹(3頭?)。
アウェー側にもちゃんと来てくれて、愛想振りまきまくり。

スタンド最前列まで駆け寄ってきたり、
しまいには寝そべってポーズとったりと、
グラビアアイドル顔負けのサービス精神を発揮していました。
遠目で見ているだけでも癒されましたよ。


本論の試合でも、名古屋の皆さんに癒していただきました。

東京は茂庭が入って守りに一本筋が通ったな、という印象でした。
1点取られたし、あぶないシーンもありましたが、
完全に崩されたところはほとんどなく(?)、安心して見ていました。
(相手が外してくれたのもありますが)

何はともあれ、連敗脱出は大きいです。
来週も広島行っちゃおうかな?と一瞬思いましたが、
いい大人のおじさんなので我慢します。

Continue reading ""

| | Comments (0) | TrackBack (4)

October 06, 2006

たまには、昔話を

1999年、J2の時代、
第3クールを終えて昇格圏内につけていた我が東京、
第4クールの初戦、3位の大分に完勝して昇格は間違いないと思われた。

しかし、そこから連敗に次ぐ連敗を重ね、チーム状態はどん底に。

そんなとき、こちらの管理人さんがニフティのフォーラムなど
(今は懐かしい、パソコン通信!)
で、「メインやバックで見ている人も、今だけゴール裏に入ろう」
と呼びかけたのでした。

その頃は、西が丘・江戸川・駒沢を使っていて、
入場者数は大体3千人台から4千人。

私も駒沢や、等々力や、大宮に行って声を張り上げたけれど、
どれだけの力になっていたか。
私の行動とは関係なくチームは負け続けていたからね。

でも、最終節、新潟で棚ぼたの昇格を勝ち取った。
それはチームと支えてきた人たちの勝利で、
自分はちっとも関係ないとは思っているけど、
本当に気を入れて応援したチームが素晴らしい結果を出したことは
本当に嬉しかった。


『我が同胞であるアメリカ国民諸君。
 国が諸君のために何をしてくれるかを問うな。
 諸君が国のために、
 何をなしうるのかを問うて欲しい』

有名なケネディ大統領の就任演説の一節ですよね。

そして今、私も7年ぶりにまた、思うわけです。

「東京が何をしてくれるかを問うな。
 諸君が東京のために何をなし得るのかを問うてほしい」

本当はアウェーは行くつもりなかったんですが、
こないだの鹿島に行ってきました。
明日、名古屋に行ってきます。
広島はやめときますが、大宮、もちろん行きます。
40過ぎて跳ねるのは辛いけど、精一杯声出してきます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | September 2007 »