« 多摩川クラシコ南武線 | Main | 川淵三郎氏は今も「キャプテン」なの? »

March 02, 2008

今年の東京には過度に期待しない

早いもので今週の土曜日は開幕戦ですね。
相変わらずこの時期は仕事が忙しいのですが、開幕戦だけは仕事場抜け出して味スタに行きます。
(終わったら仕事場に戻りますが・・・)


今年のFC東京は監督が若く情熱あふれる城福監督に替わり、味スタを満員にしたい、と夢も大きくスタートしました。

練習も色違いビブスを使ったり、今までの東京と違った新鮮さがあり、監督のパッションも伝わってきて
キャッチフレーズの「Moving Football」が実現される予感がぷんぷん漂っています。

今まで、お約束無しの個人のひらめきサッカーだった東京の攻撃が、
流動性溢れる楽しいものになってくれるのでは、と期待も大きくなってきています。

選手の補強についても、一時は主力が続々出て行ってどうなることかと思いましたが、
今野の残留をきっかけに?羽生、佐原、長友、祐介(は復帰だけど)らの即戦力日本人に加えて
外国人もブルーノ、エメルソンの加入、そして最後にさんざん噂されたカボレも合流と、
一通り選手の駒もしっかりそろっているのでは、という感じがします。

エルゴラの順位予想でも最高3位、最低12位と、昨年の順位は上回るだろうという予想が出ていました。


私は、そんなにうまくいくモンじゃあない、と思っています。
プレシーズンのセレッソ戦、MXの中継を見ましたが、新戦術はまだまだ未消化だという印象を受けました。
練習試合も学生相手だとそれなりに点を取りますが、強い相手には勝ったり負けたり。

やろうとしていることが定着しつつあるのかまだまだ時間がかかるのか。
選手たちのモチベーションは強くなっているのか懐疑的になっているのか。
私には知る術はありませんが、聞こえてくる情報の限りでは、しばらくは辛抱の時期が続くような気がします。

2年前、新しい道を目指そうとブラジルからガーロ監督を招き、ポゼッションを指向しましたがなかなか結果が出ず、
シーズン半ばでサポーターと選手からのブーイングに辛抱しきれなくなって監督を入れ替えました。

今年はその選択肢はあり得ないはずです。少なくとも残留ラインすれすれまでの位置にいるならば
城福監督でシーズン最後まで行くべきである、と私は思います。
覚悟を持って投入した「切り札」のはずなのですから、城福さんは。

フロントは、目先の成績に惑わされずに、FC東京はどうあるべきか、という「在り方」をしっかり意識して
数年後優勝争いができるチームになるための土台作りをして欲しいと思っています。

今年はいいんです。残留できれば。
もちろん、上位争いをして欲しいと思わない訳じゃありません。
ただ、無い物ねだりををしても仕方がありませんし、
多少成績が悪いからと言ってがたがたしても仕方がありませんから、
今年は肝を据えて応援していくしかない、と覚悟を決めておく必要がある、ということです。

2年前みたいに、ちょっと結果が出ないからといってガタガタして欲しくないし、私も2年前みたいに黙ってはおらずに、
危うくなったときには自分なりの手段でしっかりサポートもしていこう、ということです。

|

« 多摩川クラシコ南武線 | Main | 川淵三郎氏は今も「キャプテン」なの? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49808/40341221

Listed below are links to weblogs that reference 今年の東京には過度に期待しない:

« 多摩川クラシコ南武線 | Main | 川淵三郎氏は今も「キャプテン」なの? »