« おぼえてる!1999.11.21 | Main | ナビスコ準決勝 »

May 09, 2009

兆しは見えた、と信じたい

本日5月9日京都戦、(「パープルサンガ」ではなく「サンガFC」なのですね。)
シュート数は約2倍。
決定機の数は倍じゃ利かなかったのでは?
しかし結果は0-0の引き分けでした。

2日の大宮戦、5日の広島戦は見ていません。
なので進歩しているのか現状維持なのかはわかりません。

しかしながら、しっかり守ってボールを奪い、
マイボールを動かしながら相手の穴を探しつつ攻めていく、
と言うことはできていたように見えます。
相手の出来に助けられた部分はあるかもしれませんが、
成果は出ていたと思います。

これだけボールを保持して危なげなく見えたのに
点が入らずに引き分けたことに納得はしていませんが、
今日やっていたことの精度を上げて、何とか点を取ってもらえれば
道は開けるに違いない、そう思いました。

あとはどこまで我慢できるかでしょう。
やろうとしているサッカーを、結果が出るまでやり通せるのか。
結果が出るのが先か、
やり方を崩してなりふり構わず勝ち点を取りに行かなくてはならないタイミングまで
結果を出せずじまいになるのか。

リーグ戦中断まで残り2つ。
あと2試合の様子次第で、早めに手を打ってもらいたいです。
もちろん、やりたいサッカーでしっかり結果を残すのが理想なのですが。

(追記)
後半、石川に代えてユウスケを出した時点でドローを覚悟しました。
代えるなら平山だろ、と思いましたよ。
あとで人に聞いたら、石川が足の調子が悪いんじゃないか?と。
もしそうなら、大事になっていないことを祈ります。

|

« おぼえてる!1999.11.21 | Main | ナビスコ準決勝 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49808/44955865

Listed below are links to weblogs that reference 兆しは見えた、と信じたい:

« おぼえてる!1999.11.21 | Main | ナビスコ準決勝 »