September 16, 2009

J各クラブの経営状態をよく見てみた

Jリーグ各クラブの経営資料が開示されました。
http://www.j-league.or.jp/aboutj/jclub/2008-9/pdf/club2009.pdf

東京の状態については先日ああだこうだ言いましたので割愛。
今日はほかと比べてみます。特に財政状態。

パッと見て京都の資本金36億と、繰越利益剰余金33億というのが目につきます。
これは、今までの赤字の累積が33億円にまで達している、ということ。
そして、その穴埋めを株主が広告費などではなく、資本金注入という形で行った、ということ。

対照的なのが隣の名古屋です。
資本金が4億で、繰越利益剰余金が1億7,600万。
過去の経営の累積が黒字だった、ということです。

京都の親会社は、足りないお金の補填はしたがそれが明確に見える形で残させた。
名古屋の親会社は、広告費だか何だか分かりませんが、収入=売上の補填でお金を出した。

親会社の税金面を考えれば、球団の売上にさせれば自社の経費になって節税になる。
球団の資本金にすればお金を貸すのと一緒ですから、税金を余計に払うことになる。

マリノスは資本金3,000万、柏は2,200万、千葉が1億というのを見ても、
トータルの税金面を考えているのは明らかです。
これは違法でも何でもないし、広い意味でのコストパフォーマンスの考慮か、と。

逆にそれだけに、京都の見識が際だっている印象を受けます。
過去の赤字の責任が財務諸表に明確に残っているのですから。
ここにも稲盛イズムの経営がある、ということなのでしょうか。

普通に見て一目瞭然に財務状態がいいのは鹿島ですよね。
17億5千万の純資産。10億以上の純資産を持っているのは鹿島だけです。

浦和は収入はダントツで多いのですが、費用もダントツでトップ。
累積黒字は4億でトップですが資本金が1億6千万しかないので純資産はほどほど。
ただ、事業費が61億5千万なのですが、これがレッズランドとかの造成や建築費だとすると
数年後にダントツの財産持ちになるのかもしれませんね。

本当にやばいのは、純資産がマイナスのチーム。
大分マイナス5億5千万、神戸マイナス2億6千万、横浜FCマイナス2億2千万、
以下柏、岐阜、熊本がマイナス幅1億を超えています。
このうち神戸はオーナーさんがなんとかするので大丈夫でしょうし、
柏も日立の力で何とかなっていくのでしょうが、ほかのチームは心配になります。

こうやって改めて見てみると、どこのチームも結構厳しいな、ということと
浦和以外は自前のスタジアムなんて夢のまた夢だな、
ということをしみじみ感じる秋の夜長でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2006

国立がちょっと心配

サッカーくじ、できた当初は楽しみにしていましたが、
買える場所がかなり限られていて面倒になり、いつしか遠ざかってしまいました。
よくよく見てみると文部科学省の既得権益マシーンになっているのがわかり、
まずいんじゃないの、と思っていたらやっぱり売上ガタ減りで赤字垂れ流し。

そんな中、昨日ちょっと気になる記事を見かけました。

「toto未払い委託料 220億一括払いで調整 りそな銀と」
サッカーくじtotoを運営する日本スポーツ振興センターが、りそな銀行に対し
未払だった委託料を一括で支払うための調整をしているようです。
この記事は読売ですが、共同通信でも同様の記事が配信されていました。

ただ、totoは大赤字垂れ流し状態のはずで、いったいどうやって賄うのか?と思ったら、
「日本スポーツ振興センターでは金融機関からの借り入れで原資を賄うとみられる」

なるほどねえ。
でも、この先の見通しが必ずしも明るくないのに、どこがお金を貸すの?
りそなが内々で貸し付けるとか?そんなことしたら、株主が黙ってないでしょうし。
何の保証もなしには貸さないのではないか、とそんなところに今年5月のフライデーにこんな記事があったのを思い出しました。

「『toto』赤字230億円で「国立競技場が売却!」の危機」

5月のこの記事では144億の未払金が今回220億になっているのはなぜ?という疑問はさておき、
昨日の記事ではどこから、どうやって借り入れるかが全くわかりません。
今回の借入で国立霞ヶ丘競技場や秩父宮ラグビー場などが担保に入るかも全くわかりません。

ただ、やりたい放題の天下り官僚が何をやっているのか、フォロー記事がほしいです。
どこかメジャーなサッカーブログで取り上げてもらえないかなあ。

以上、ごまめの歯ぎしりでした。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 29, 2005

浦和対川崎

事務所にいて仕事してなくちゃいけなかったんですが、
4時頃ついテレビつけちゃってそのまま見ちゃいました。

審判の家本さんって噂には聞いてましたが、
噂に違わない弾けっぷりでしたね。

川崎はかわいそうでした。
後半コーナーキックからの佐原の3点目。
取り消されちゃいましたけど、どこがファウルなの?
スロー再生を見たら、私の頭はますます??に。
外国の監督のコメントで「審判にゴールを盗まれた」
というのを見かけたことがありますが、
関塚監督がもしそう言ってたらうなずいちゃいます。

あと都倉のレッドもちょっと厳しいかな、と思いましたが
先日の大宮-東京戦でうちの戸田も同様のプレーで
一発レッドもらっているから仕方ありません。

いただけなかったのは、
その後都築が報復で何度も体当たりしていたのに
彼はイエローで済んじゃったこと。
GKがいなくなると大変だ、と同情してあげたのでしょうか。
もしかして「家本流バランス取り術」?

都築はものすごい勢いで都倉に体当たりを浴びせていたのに、
その後はずいぶんと痛がっていましたね。

浦和の皆さんは、選手も監督もいつだって、
こぞって審判に文句ばっかり言ってますから、
今日の試合はさぞご満足だったのでは?

川崎は、幻の3点目のあとも攻め続けていたので、
その間に1点取れればよかったのでしょうが。

前半の攻め合いは見ていて楽しかったのですが、
最後は何となくすっきりしない気分でした。

明日のわがFC東京は、
できることならすっきりガンバを下して
降格ゾーン本格脱出に王手をかけてもらいたい
と思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

Jリーグオールスター

ラトビア戦は一切見てませんので何もなしで。

お昼にちょこっとオールスター見ました。
今ちゃんが目立ってなかったり、
マグノアウベスすごかったりしましたが、
一番印象に残ったのは福西相変わらずの悪人ぶり。
ひどすぎて笑っちゃいました。

ます前半、左サイドからのクロスにGKと競ったところ。
しっかり自分の右手を挙げて、
GKがキャッチしようとしたボールに
グーでアタックしてました。
あれでGKがこぼしたりしたらどうなるんでしょうか?
福西のハンド?
あ、そうか、福西の場合「ハンドはあり得ない」んでしたね。

次も前半、ペナルティエリア内で中澤と競ったところ。
不必要なまでに体を当ててから倒れてPKをアピールしてましたが、
審判に無視されてました。当たり前です。

用事があって最後まで見ていないのですが、
良い意味でも悪い意味でも「個性のぶつかり合い」でしたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2005

バトン・バトン

半年以上もごぶさたしているうちに、
明日からリーグ戦再開じゃないですか。

クラブが休んでいるうちにブームになった「××バトン」、
音楽版とサッカー版、両方とも回ってきておりました。
それもどちらも女性から。
こんな時だけはモテモテな私。
「いい人」歴40年は伊達じゃありません。

では早速。
先に回ってきたミュージカル・バトンから。

1.コンピュータに入っている音楽ファイルの容量
ゼロです。まだそういう習慣にないもので・・

2.今聴いている曲
ラジオからMISIAの「everything」が流れています。

こんな調子で良いのかなあ?
良いんですか?tenoriさん

3.最後に買ったCD
「歌のアルバム/清水ミチコ」
いつも愛読している「TV.Bros」にインタビューが載っていて
面白そうだな、と思って
何年かぶりにCDなるものを買いました。

4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
・雨上がりの夜空に/RCサクセション
特に大ファンとか、そういうわけじゃないんですが、
はじめて聞いたのが学生時代、結構気に入って
今でもよく流れてるのを聞いて何となく。

・東京/浜田省吾
ネタでも何でもないんですが。
自分は東京出身者で歌の心情に合致はしないけど
底に込められたエネルギーみたいなのを感じて
よくカラオケなんかで歌ってました(若い頃)

・タイガー&ドラゴン/クレイジーケンバンド
ここのところすっかりハマッたドラマの主題歌。
本編では「俺の話を聞け」という一節しか流れないんですが。

・雨やどり/さだまさし
今を去ること25年以上前のこと、
中学時代に手痛い失恋をした私は
この曲をきっかけにさだまさしワールドに嵌っていきました。
タモリが暗い曲の代表みたいに言っていたなあ。

というわけで、思い入れのある曲なんてものは
古い古い記憶を呼び覚まさないと出てきません。
でも、まだ4曲。あと1曲ですか。

まだ子供の頃、我が家にステレオが来たときに
はじめて買ったドーナツ版のレコード。
・黒ネコのタンゴ/皆川おさむ

40歳以上の人限定になっちゃったな。

5.バトンを渡す5人の方
お友達いないんで・・ごめんなさい。

長くなったんで、
サッカーバトンの方はエントリ切り替えます。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

January 12, 2005

サッカーは文化だ、と思う

ただいま夜の10時45分。
仕事が詰まっていて
こんなところに書いている場合じゃないのですが(^^;

山瀬騒動で心ない書込が続出して
きっと心を痛めているに違いない田邉氏のblogですが、
今日すばらしい書込があったので勝手に紹介しちゃいます。

Continue reading "サッカーは文化だ、と思う"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 26, 2004

天皇杯準決勝

昨日、仕事から帰ってきてテレビつけたら
浦和と磐田の試合(後半)をやっていました。

永井のクロスから田中達也が決めたときは「おー」と思ったんですが、
その後トシヤと隊長で逆転。

床屋行くんで最後までは見ていなかったんですが、
結局磐田が決勝行きとのことで。
先週わがFC東京がやられたことを
そのままやられ返しちゃったみたいですね。

結局元旦の決勝はベルディ対磐田。
チケット余ってそうだよなぁ。
見に行っちゃおうかなぁ。
でも、どっちが勝っても気分悪いから
うちでテレビ見ることにします。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 12, 2004

チャンピオンシップ雑感

もちろん、そちらもテレビ観戦ですが。

第1戦
コーナーキックから河合(字、合ってますか?)のヘディングゴール。
「解雇された浦和にリベンジ」という浪花節に盛り上がっていましたが、
上野の鼻水ドアップよりも私的に来たのが
「岡ちゃん振り返りながら満面の笑みでガッツポーズ決め」
ゴールの後と、TBSの放映終了時の2回流していましたが、
心から嬉しそうに笑ってっていましたね、岡田監督。
振り返りながらのポーズが決まりすぎていて妙におかしかったです。

試合後のプレスミーティング時に能面みたいな顔で
棒読みに近い状態でコメントを述べている様子との落差が余計に笑えました。

第2戦
松田が「ナビスコのFC東京の戦いぶりに感動して、同じようにすれば勝てるんじゃないかと思った」という内容のコメントを出しているらしいじゃないですか。

私の中での松田嫌い度が0になって、
U-17世界選手権で一人高校生でがんばっていた松田君の頃くらい
ちょっといいヤツに思えちゃってきた私は現金過ぎ?

しかしドゥトラのPKは人を食ってました。
あんなので負けが決まっちゃったら、
もしFC東京があんなので最後負けたら
悔しくて一生ものですね。

そうか、浦和の物語はまだまだ続くってことで。
この屈辱も、初優勝の喜びを倍加させるためのネタ振りなわけですね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2004

そういえば、W杯予選もやっていた

ナビスコの劇的勝利(!)から家に戻ってご飯食べてたら、
ワールドカップ予選の時間になってました。

ホームのオマーンは前半立ち上がりから全開で攻めてきましたが、
日本はしぶとく、粘り強く守っていましたね。実にいやらしく強いです。
アジアカップで一皮むけた、という印象です。

とりあえず一次予選はこれで勝ち上がり決定。
消化試合となるホームのシンガポール戦は
若手を試すとか、カズ・ゴンを呼ぶだとかいろいろ噂が出ているようですが、
集客を考えているんでしょうかね?

| | Comments (0) | TrackBack (1)

September 26, 2004

ナビスコのチケット/今日も勝て!

クラブからナビスコ準決勝のチケットが届いた。
自由席はスタジアムでもらえるのだが、指定席はこうして送ってくる。
昨年までは、年間チケットに一緒につづられてあったのだが、今年は別にしてある。
一緒につづると使わずに終わってしまう(=途中敗退)ことばかりだったので、
ゲンを担いだのだろうか。だとしたら今年は大成功だ。

ホームゲームのチケットはいつもは黒・赤・青・の3色刷なのだが、
準決勝ともなると気合いが入っているのか、フルカラーである。
さらに、対戦カードはいつもはチケット台紙に黒字でプリントしてあるのだが、
今回分は試合日時と対戦カードもフルカラーで印刷されてある。
つまり、このチケットのためにわざわざ版を起こしているのだ。

それだけ気合いが入っていると見るべきか、
それとも単に台紙がなくなっただけのことか(笑)

チケットの他に、「ナビスコカップ決勝戦チケット優先販売について」
という案内も同封されていた。
SS・SAのSOCIOには決勝戦のSA席を優先販売してくれるとのこと。

決勝進出の場合、相手は名古屋か浦和になる。
浦和が来た場合はチケット争奪戦になるので覚悟はしていたが、
これでチケット確保はできそうで、安心した。本当にありがたいことだ。

だが、それも準決勝でベルディに勝ってからのこと
1999年準決勝に進出して以来の準決勝の舞台。
11月3日は今年は空けてある。チケットも確保できた。
舞台は整っている。あとは俺の東京が勝ってくれるだけだ。

と、その前にまずは今日の鹿島戦。
せっかく23日に浦和に勝ったのをフイにしないためにも
調子の落ちている様子の鹿島をしっかり叩いておいて欲しい。
何しろ今日は過去負けなしのブラジルデイだ。勝つしかないでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)